和大地  wa-daichi

自然から生まれた“わ”を  つなげ世界へ

スタートアップ都市づくりで地域を日本を元気に。@グロービス経営大学院

スタートアップ都市づくりで地域を日本を元気に。@グロービス経営大学院

スタートアップ都市推進協議会主催のスタートアップセレクションのシンポジウムに参加してきました。会場が久しぶりのグロービスにでしたがやはり熱い想いの方々が集っていて良い刺激を受けました。

IMGP6824

石破茂大臣、経済同友会の長谷川閑史氏、安倍昭恵夫人の挨拶から会がスタート。地域創成において、いかにベンチャー・スタートアップ企業がポイントになっているか、政府の力が入っているかを感じました。

その後のトークセッション。

グロービスの堀義人氏、福岡市長の高島宗一郎氏、内閣府副大臣の平将明氏、エバーノート会長の外村仁氏という豪華なメンバー。時間が40分と短いのが非常にもったいなかったですが、それぞれの視点での日本でのスタートアップ支援・シリコンバレー的な生態系の作り方を語られていました。

興味深かったのは外村氏の発言。シリコンバレーでいまもスタートアップ企業の支援を行っている外村氏は、①シリコンバレーを真似るのではなく、日本らしさを尊重しつつシリコンバレーをうまく使うこと ②数値目標を掲げがちだがそうではないポイントにも目を配ること ③完全を目指すのではなく8割できればアクションして改善していくこと ④失敗をした人を持ち上げていくことを仕組み化していくこと ⑤兼業が難しければ放課後活動を企業も認めて新たなたチャレンジしやすい土壌をつくること ⑥大学での教育もいいけれど実際に足を運んで体感することの大切さ などなどおっしゃっておりました。

その後の名刺交換で直接外村氏とお話をさせて頂いたのですが

幼児のうちに自然体験などを通じて自由に発想する訓練をしていくことが重要

とおっしゃっていました。

改めてこれからの日本が元気になっていくためにも、自分で行動を起こし、失敗しても何度もトライするひとづくりが大切だと感じ、自分のみどりのともだちプロジェクトの活動が幼児期において、その一助となるようプロジェクトを改善しながら進めて行こうと思いましました。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top